リスクは分散できます

マンション模型

人気度が高まっています

マンション経営とは、不動産投資の手段の1つで、区分マンションを保有し運用する方法です。都市部の中古ワンルームマンションでも、数百万円から2000万円程度くらいで手掛けることができ、不動産投資の中でも、比較的少額で始めることができるという特徴があります。最近では、20代から30代のサラリーマンやOLでもマンション経営をしている人が増えています。不動産投資の中でも人気度が次第に増しています。マンション経営における最大のリスクは空室です。保有している区分マンションが空室になってしまうと、家賃が入ってこなくなるだけではありません。毎月の管理費や修繕積立金などを自分の手元資金から支払いをしていかなければならなくなります。そのため、マンション経営において最も重要なことは空室になりにくい区分マンションを選ぶということです。また、できるだけ早いうちに複数戸保有するということも重要です。なぜならば、複数戸保有することで収入源が増えるからです。1戸の区分マンションしか保有していない場合には、その1戸が空室になってしまうと収入はゼロになってしまいます。しかし、2戸以上の区分マンションを保有していれば、仮に1戸が空室になっていても、空室になっていない他の部屋の収入で、空室になった部屋の分の毎月の費用を賄うことができます。マンション経営を安定させるためには少なくとも3戸の区分マンションを保有することを目標としましょう。