リスクは分散できます

マンション模型

ここ数年で、マンション経営が若い世代で人気の投資手段となってきています。マンション経営を始めるのであれば、空室リスクを分散させるためにも、まずは3戸以上の区分マンションを保有することを目標としましょう。

不動産投資を学ぶ

セミナー

初心者の方が、不動産投資を勉強するのであれば不動産投資セミナーに通う事も一つの方法です。不動産投資は専門用語や基礎知識がとても重要となる為、勉強してから投資をする事が大切であり、投資で成功する為の方法でもあります。

自宅の上手な活用法

内観

一定期間住まない自宅を誰かに貸すことをリロケーションと言います。メリットは、何といっても家賃収入が得られることです。また、空き家になると劣化が進み、いたずらされたり、誰かに侵入されたりすることもありますから、その点においてもリロケーションは効力を示します。

保証人がみつからない時

お金

需要は高まってきている

賃貸を借りるときの契約で連帯保証人を頼める人がいないとき、家賃保証会社が連帯保証人になってくれます。家賃保証会社を利用する際には手数料を払わなければなりません。核家族化や独身高齢者の世帯がおおい近年では、連帯保証人を頼みにくい、そもそも頼む人がいないという世の中です。外国人の滞在者にとっては、連帯保証人をさがすのは困難でしょう。なので家賃保証会社のニーズは高まってきています。家賃保証会社を通すと、借主のほかに、賃貸の経営者にもメリットがあります。連帯保証人がいないばかりに、賃貸物件の選択肢が狭まっていた借主は、おおくの物件から選べるようになります。経営者にとってもメリットがあります。借主が家賃を滞納した場合は、経営者が借主と直接交渉したり催促したりする必要はなく、家賃保証会社が代わりに交渉したり、立替てもらうことができます。管理会社を通して借主との契約や手続き、連絡を行うので入居者との間にトラブルがおきにくいです。いままで借りられなかった借主が借賃貸契約できるようになるので、空き室がうまることにもつながるでしょう。入居者が家賃保証会社を利用する際には審査が必要です。審査方法や基準は会社によって異なります。賃料に見合う収入があり、金融事故歴がなければ、審査が通らないということはないでしょう。ただし、過去に賃貸の滞納記録があれば、審査は不利になります。初回保証料、更新保証料は会社によって変わります。また、利用する貸主さんにとっては、借主にとっての保証限度額、解約時や違約時の代理、更新費代理の有無が会社によって違ってきます。どこまで保証してくれるのか確認しましょう。